スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【車両紹介】阪急6000系

阪急6000系【1976~】

阪急6000系は、1976年~1985年にかけて130両が製造された神宝線向け車両である。
また、2200系より10両が編入されている。

電装品は5100系と同等で抵抗制御
ブレーキはHRD式なので5100系までの形式との併結は不可
運転台にはワンハンドルマスコンが採用されている。

電動機の出力は140kw
宝塚線向けに製造された編成(0番台)は4M4T
神戸線向けに製造された編成(20番台+10番台)は6M2T

車体はアルミ車体の6000F(除C#6614)とC#6600(休車)を除き鋼製


6000F 宝塚線所属
07.08.20 阪急宝塚線 6000F 通勤準急梅田

=Mc6000-M'6500-T6550-T6560-T6570-T6580-M6614-M'c6100=
C#6614以外はアルミ製

6001F 宝塚線所属
07.08.20 阪急宝塚線 6001F 普通梅田

=Mc6001-M'6501-T6551-T6561-T6571-T6581-M6601-M'c6101=
この編成は最初に製造された編成です。
アイボリー塗装試験車(当時は前面にアイボリー塗装のない8000系タイプでした)

6002F 宝塚線所属
07.08.15 阪急宝塚線 6002F 急行梅田

+Mc6002-M'6502-T6552-T6562-T6572-T6582-M6602-M'c6102=
能勢電鉄乗り入れ対応

6003F 宝塚線所属
07.08.20 阪急宝塚線 6003F 普通梅田

=Mc6003-M'6503-T6553-T6563-T6573-T6583-M6603-M'c6103=

6004F 宝塚線所属
07.08.20 阪急宝塚線 6004F 準急梅田

=Mc6004-M'6504-T6554-T6564-T6574-T6584-M6604-M'c6104=

6005F 宝塚線所属
07.08.20 阪急宝塚線 6005F 特急日生エクスプレス梅田

+Mc6005-M'6505-T6555-T6565-T6575-T6585-M6605-M'c6105=
大型行先表示幕装備
能勢電鉄乗り入れ対応

6006F 宝塚線所属
07.08.20 阪急宝塚線 6006F 普通梅田

+Mc6006-M'6506-T6556-T6566-T6576-T6586-M6606-M'c6106=
大型行先表示幕装備
能勢電鉄乗り入れ対応

6007F 宝塚線所属
07.08.20 阪急宝塚線 6007F 普通梅田

+Mc6007-M'6507-暫定T6610-暫定T6510-T6577-T6770-M6607-M'c6107=
C#6770は元2200系(C#6770←C#2770←C#2701)
C#6610、C#6510は暫定T車
C#6610はパンタ撤去後あり。

6008F 宝塚線所属
+Mc6008-M'6508-T6558-T6568-T6578-T6588-M6608-M'c6108-

6010F 神戸線所属
=Mc6010-T6650-M'c6110=
今津線・甲陽線ワンマン対応編成

6011F 宝塚線所属
+Mc6011-M'6511-T6761-T6651-T6661-T6771-M6611-M'c6111=
能勢電鉄乗り入れ対応
C#6761とC#6771は元2200系
(C#6761←C#2761←C#2710、C#6771←C#2771←C#2711)

6012F 宝塚線所属
07.08.15 阪急宝塚線 6012F 普通梅田

+Mc6012-M'6512-T6670-T6680-T6750-T6751-M6612-M'c6112=
能勢電鉄乗り入れ対応編成
乗務員扉後ろの小窓なし
C#6750,C#6751は元2200系
(C#6750←C#2750、C#6751←C#2751)

6013F 宝塚線所属
07.08.20 阪急宝塚線 6013F 急行梅田

+Mc6013-M'6513-T6662-T6653-T6663-T6652-M6613-M'c6113=
乗務員扉後ろの小窓なし

6015F 宝塚線所属
07.08.20 阪急宝塚線 6015F 普通梅田

+Mc6015-M'6515-T6762-T6655-T6665-T6772-M6615-M'c6115=
リニューアル車
C#6762とC#6772は元2200系
(C#6762←C#2762←C#2720、C#6772←C#2772)
C#6772は震災で廃車となったC#2721の代替新造で、C#2772として落成、正雀搬入後にC#6772に改番されたため、C#2772として営業運転に立ったことはない。

6016F 神戸線所属
07.08.16 阪急神戸線 6016F 通勤特急梅田

+Mc6016-M'c6116+
増結用

6020F 神戸線所属
=Mc6020-T6660-M'c6120=
今津線・甲陽線ワンマン対応編成

6021F 神戸線所属
=Mc6021-T6567-M'c6121=
今津線・甲陽線ワンマン対応編成

6022F 神戸線所属
=Mc6022-T6587-M'c6122-
今津線・甲陽線ワンマン対応編成

6023F 神戸線所属
=Mc6023-T6557-M'c6123-
今津線・甲陽線ワンマン対応編成

6024F 宝塚線所属
07.08.20 阪急宝塚線 6024F 急行梅田

+Mc6024-T6654-T6664-M'c6124+Mc6014-M'6514-T6760-暫定Tc6114=
C#6760は元2200系(C#6760←C#2760←C#2700)
C#6114は暫定Tc車

6025F 神戸線所属
+Mc6025-T6676-M'c6125+Mc6026-T6686-M'c6126-
C#6026以下3連は今津線・甲陽線ワンマン予備編成

6050F 神戸線所属
07.08.16 阪急神戸線 6050F 普通梅田

+Tc6050-M7616-M'7516-T7565-T7575-M7605-M'7505-Tc6150=
元2200系(C#6050←C#2250,C#6150←C#2251)
太字は7000系


新製時の編成表
1975年
Mc6001-T6551-M'6501-M6601-T6581-M'c6101
1976年
Mc6002-T6552-M'6502-T6562-T6572-M6602-T6582-M'c6102
Mc6020-M'c6120+Mc6010-M'6510-T6650-T6660-M6610-M'c6110
Mc6021-M'c6121+Mc6011-M'6511-T6651-T6661-M6611-M'c6111
T6560-T6570
1977年
Mc6022-M'c6122+Mc6012-M'6512-T6652-T6662-M6612-M'c6112
Mc6023-M'c6123+Mc6013-M'6513-T6653-T6663-M6613-M'c6113
Mc6024-M'c6124+Mc6014-M'6514-T6654-T6664-M6614-M'c6114
Mc6000-T6550-M'6500-M6600-T6580-M'c6100
T6655-T6665-M6615-M'c6115
1978年
Mc6003-T6553-M'6503-T6563-T6573-M6603-T6583-M'c6103
Mc6004-M'6504-T6564-T6574-M6604-M'c6104
M6025-M'c6125+Mc6015-M'6515
1979年
Mc6005-T6555-M'6505-T6565-T6575-M6605-T6585-M'c6105
Mc6006-T6556-M'6506-T6566-T6576-M6606-T6586-M'c6106
Mc6007-T6557-M'6507-T6567-T6577-M6607-T6587-M'c6107
T6554 T6584
1980年
Mc6008-T6558-M'6508-T6568-T6578-M6608-T6588-M'c6108
Mc6026-T6676-T6686-M'c6126+Mc6016-M'c6116
1984年
T6670 T6671 T6680 T6681
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

 
Twitterブログパーツ
プロフィール

非公式

Author:非公式

最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。